脱毛ラボ 日焼け

脱毛ラボでは日焼けを負った人は施術を受けられません!

日頃の暮らしの中では美を追究する上でもムダ毛のケアは大切な習慣です。
しかし仕事や家事や育児で忙しい中、自己脱毛を続けるのは非常に骨が折れるもの。
そんなジレンマを克服する上でもエステサロンの活用は大きなメリットをもたらしてくれます。
脱毛ラボは全国にチェーン展開する全身脱毛が有名な人気店で、
誰もが効率性と安全性とを両立しながら手軽にムダ毛を脱毛できるでしょう。

 

脱毛ラボが提供する脱毛方法は他店とは少し異なっており、
特殊なジェルを毛穴から浸透させて毛根組織にダメージを与えるという手法がとられています。
現在の脱毛業界では、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などが人気を博していますが、
これらは毛根が持つ黒いメラニン色素と光のエネルギーを反応させることで
毛根の成長力を奪い去る脱毛方法です。
そのため、メラニン色素による黒ずみやほくろなどがあると、
その箇所は脱毛が難しいとされています。

 

一方の脱毛ラボの施術では特殊なジェルの利用などにより、
肌に黒ずみやあざ、ほくろなどがあっても安心して受けることができます。
またレーザーやフラッシュではおなじみの施術中の強い痛みが、
この脱毛ラボでは最小限に抑えられるというのも大きなメリットです。
ただし脱毛ラボの施術においても他店と同じく、
肌に日焼けを負った人の利用は施術を受けることができません。

 

そもそも日焼けとは太陽の紫外線の刺激から肌を守ろうとメラニン色素が分泌された状態です。
脱毛ラボの場合にはこの日焼けによる黒ずみ自体は関係ないのですが、
その一方で肌への刺激の面では注意が必要です。
特殊なジェルを用いた刺激の極めて少ない脱毛法とはいえ、
ムダ毛というものは肌と延長線上にあり、それらを取り除く上では何らかの肌への負担が不可欠です。

 

ただでさえ日焼けで肌に負荷がかかっている状態の中でさらに脱毛施術を施すとなると、
脱毛ラボの施術とはいえ何らかの肌への過度なダメージとなりかねません。
一つ間違うとその刺激自体が色素沈着をもたらすリスクもあります。
こういったケースを回避する上でも、脱毛ラボでは日焼けを負った人の施術を断っているのです。

 

後日、またその日焼けがなくなった上で改めて施術を受けることが望ましいでしょう。

 

脱毛ラボの全身脱毛|本気の人が選ぶ全身脱毛をとことん詳しく!